読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女二人で鬼怒川温泉に行った話。

2月4日〜5日、女友達のMちゃんと鬼怒川温泉に行ってきました。


鬼怒川温泉

都内から電車で2時間ちょっとで行けます。

北千住で待ち合わせて、電車で一本。

f:id:kawazoozoo:20160207233937j:plain






この電車、景色も良いです。



しゃべってたら、

あっという間に到着。



電車から降りて、ホームから

エレベーターに乗り込んだ瞬間、


後ろから

「誰か○○を忘れた人」

みたいな声が聞こえて、

(聞き取れなかった)

やばい!!何か電車の中に忘れたか!?

と思って冷や汗かきながら

かばんの中身を確認しました。

スマホ、デジカメ、財布、

ちゃんとある、、。ほっ。

としたのも束の間、

Mちゃん「スマホない」








そうMちゃんのスマホは電車に乗って

次の駅に出発していたのであった。










幸いすぐに駅員さんに

確認して貰えたおかげで

スマホは1時間後に鬼怒川温泉駅まで届けてもらえることに。




それまで鬼怒川温泉駅を探索します



駅を出てすぐに、とりあえずMAPを確認する私達。

探せども探せども、今夜泊まるはずの鬼怒川ホテル三日月がありません。


ホテル三日月がないない言っていると、

どこからともなく現れたおばさんが

「そのホテルは名前が変わって今はここだよ。」

と教えてくれました。

お礼を言って、引き続き、何か面白いものはないかとMAPを見る私達。






M「あっここに足湯があるよ〜」

か「あホントだ。

でも探してた足湯カフェではないね」

M「カフェではないっぽい。ってかあれじゃない!?


指差す方向を見ると、なんと

駅の敷地内に足湯がありました。





私達「うわ!なにあれ無料!?」

MAPおばさん「無料だよ」

とのことで、足湯に向かいます。

f:id:kawazoozoo:20160208000234j:plain






こんな感じ。




誰でも無料で入れます。



しかし、私達はタイツを履いていたため、やむなく断念、、。




近くのお店を探索します。


コンビニ1軒、

薬局1軒、

お土産屋さん3軒、

お食事処1軒、

、、30分で周り終わってしまいました。



とりあえず定食屋さん的なところで蕎麦を食べることに。

湯葉そばを頼んだのですが、

想像以上に美味しかったです。







食べ終わって時刻は14:30。



ホテルのチェックインまでまだ時間があります。



そして、やはり足湯への夢を捨てられなかった私達は、


Mちゃん→デニムの下にタイツというスタイルだったため

お手洗いにてデニムとタイツを脱ぎ、

デニムを履き直すという超絶面倒くさい行為


かわぞう→スカートの下にタイツだったので、

単純にタイツを脱いで

この寒い2月の鬼怒川に生足で放り出される


この勇気ある行動を

遂にする決断をしました。





先にMちゃんがお手洗いに行き、

次に私がお手洗いでタイツを脱いで足湯に向かうと

(結果、意外と寒くなかった)

なにやらMちゃんが神妙な面持ちで足湯と向き合っていました。


寒さ故の表情だろうと、特に気にせず足湯に足を入れた瞬間







うわぁぁぁっちぃぃーーーー!!!!






そうです、この足湯、2月の冷え切った足には酷過ぎました。



足を入れた瞬間、

もうなんか痛かった。





本気で水温56度くらいはある気がしました。





M「熱くない?無理なんだけど」















足が慣れるまではひたすら我慢しました。




まさに地獄の釜風呂状態。




それでも何分が経ったら慣れてきて、最終的には全身ポカポカになりました。


指先もポカポカ。





f:id:kawazoozoo:20160208001126j:plain



足が真っ赤です。

でもすごい気持ち良かったです。なんか健康になった気がしました。




その後やることなくなったので

Mちゃんのスマホを迎えに行って

早々にホテルにチェックイン。



ホテルでもご飯まで暇人だったので、

ホテルのプールに行くことに。


ホテルのプールといっても、

ウォータースライダーあり、流れるプールありで割と豪華。




他に人が全然いなくて、

流れるプールでひたすら平泳ぎをしました。

結構シュール。



ご飯はビュッフェで、

何時もの如くもう入らないくらい食べました。

天ぷらとお肉が美味しかった。

しかしこの日の私の本命はなんとチョコフォンデュでした。

あの、チョコレートが上から下に流れてくるタワーみたいなやつです。

チョコを浸す材料が自分的にかなりツボだったんですよね。

セサミビスケットとか、ちっちゃいドーナツとかあって。

自分的チョコフォンデュ史上最高傑作を作り上げました。


そんなこんなで

お腹いっぱいになり、

部屋に帰ってお風呂へ。


お風呂は露天風呂が最高でした。

星が見えて、かなり癒されました。


そのあとは2人とも爆睡して、

1日目は終了です。


続きます。